インプラント

どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてちょうだい。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘っ立ところに埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってちょうだい。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

みんながインプラント治療をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほぼ全てが自由(アメリカというイメージがありますが、実際のところはそうでもないでしょう)診療と考えて良いので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによって一概に費用を決められませんし、歯科医院が費用を自由(アメリカというイメージがありますが、実際のところはそうでもないでしょう)に決められるので、そこでもずいぶん費用は変わってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるということもおぼえておきましょう。

重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され最終的にインプラントを選びました。自費診療なので、おもったよりの額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
手術が終わってから、だんだんと違和感なく噛向ことができるようになり私の場合は、インプラントが最適でした。歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある場合、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。